特別養護老人ホームに安い金額で入所しよう|介護施設の種類

女性

伝送ソフトで作業を円滑化

パソコンを触る人

少子高齢化と言われる現代では、老人ホームの施設などが多様化され、各施設ごとに多くの人数が入所しています。そういった介護施設の支払やクレーム対応などは国保連で担っています。国保連へ介護保険代を請求する場合は、伝送ソフトを使ってのやり取りが必要です。伝送ソフトでデータを伝送する場合にはISDN回線でしかデータを送れないため、あらかじめ用意しておいたほうが良いでしょう。ISDN回線を用意する場合は、約2940円から設置することができます。また、機器を購入するとなった場合には新品の場合には約2万円前後の費用が必要となってきます。

国保連へ伝送ソフトでデータを伝送した後に、伝送されてきたデータを確認して問題なければ決定通知が送られてきます。しかし、何か問題があった場合には誤りがあるということでデータが戻されてしまいます。また、一度データが戻されると次回の伝送は翌月以降に再度行うことが必要です。
伝送ソフトは国保連へ請求する他にも、介護施設利用者にも請求をすることが可能です。伝送ソフトで請求を管理することにより人的ミスをなくすことができます。最近では、伝送ソフトはインターネット回線を通して行えるようにもなっているので、ISDN回線を別途用意する必要もありません。既にネット回線が引かれている施設であれば、伝送ソフト導入後はすぐに利用を開始することができます。インターネットを利用して請求書を送る場合には、個人情報の取り扱いにも気を付けなければなりません。個人情報の漏洩が発生してしまうと大きな問題となるため、セキュリティ対策は万全に行っておくようにしましょう。